エコノミスト誌の「データは新時代の石油である」という言葉は有名です。

RepuX は中小企業の数百万のデータを金銭化します。

仕組み

  1. 企業は匿名化されたデータを販売し、Repuxトークン (crypto-currency)を獲得します。
  2. Repuxはブロックチェーンを使用して格付けと評判をデータに割り当てます。開発者はこれを機械学習アルゴリズムを訓練するために購入することができます。
  3. 開発者は企業の意思決定を改善する目的で AI強化アプリを企業に再販売することができます。
1分間のビデオによる説明をご覧ください。

どのような仕組みなのでしょうか。

まとめ:

  1. 中小企業によって生成された大量のデータは未使用のままとなります
  2. 同時にソフトウェア開発者はAIの機械学習アルゴリズムにそれを必要としています
  3. この部分には多くの価値があり、 Repuxのような市場は中小企業がAmazon、Google、Facebookなどと戦うチャンスをもたらすものです。

Repux メディア

RepuX - A Very well thought out data marketplace for global SMEs
Repux ICO review - Interview with the CEO
Gullin AMA w/ REPUX
TOMASZ TYBON
North American Blockchain Expo Day 3 | Data Wallet, Spectiv, and Repux | Crypto Going MainStream
RepuX Interview - @repu_x - Blockchain Expo North America Santa Clara 2017
RepuX Marketplace
ICO "REPUX" interview with David Siu [ENG]
RepuX #1 webinar

Repuxトークン(仮想通貨)は両替の媒体であり、市場で取引するための唯一の方法です

RepuXトークンの購入を検討すべき5つの理由

1.強力な製品と3社のパイロット企業:

マーケットプレイスはホワイトペーパーだけで始まるほとんどのトークン販売とは異なり、実際に参加できます!数百万の中小企業が対象です。

ネットワー キング
世界経済フォーラム
2. 巨大な市場:

世界経済フォーラムによると、中小企業は企業の95%以上、雇用の70%、世界のGDPの53%を占めていると言われています。

3. 実際の問題の解決:

ハーバードビジネスレビューによるとほとんどの中小企業はAIを活用するのに十分なデータや専門知識がありません。 Repuxのような市場は大企業との競争の助けとなります。

ハーバード ビジネス レビュー
例: モバイル決済 出典: Wall Street Journal 市場シェア
4. 強力な中国とのパートナーシップ:

エコノミスト誌によると中国は米国の人口の4倍の人口を抱えており、より多くのモバイルデータを生み出していることから、米国を凌駕している市場となっていると言われています。 Repuxはデータ分野におけるAlibabaとなる可能性があります。

5. 勝者がすべてを得る:

Repuxのようなマーケットプレイスでは、勝者が市場のすべてを奪う傾向があります。創業者や早期採用者には誰よりもチャンスがあります。さあ、始めましょう!

表彰台
ヴィクトル ・ ユーゴー

「攻めて来る軍に抗うことはできるが、時期に達した思想に抗うことはできない」

– ヴィクトル・ユーゴー (著名な仏人作家)

シナリオの例

どのようにRepuxはスミソニアンの古びたデータを収益化できるのか

スミソニアン研究所は、RepuXを通じて信頼できる博物館のデータ収集の広大な市場において画像、テキスト、その他記録の堅牢なデータベースを安全にライセンスすることができます。 また、RepuXは、テキスト認識AIアプリケーションに使用される手書きテキストデータの購入および販売に効率的で透明な市場を提供することが可能です。

Repuxがソフトウェア開発者を支援し、データコストを80%削減する方法

ブロックチェーンの分散型データベースアーキテクチャを使用し、信頼できる関係者間でデータの収益化と交換を可能にする、暗号化され、安全かつ摩擦のないプラットフォームが作成されました。 RepuXは企業データ経済における不足分を解決します。企業はAIや機械学習の開発者との間でビジネス分析を安全に共有することができません。

イーサリアムブロックチェーン2.0技術採用

第四次産業革命がAIとIoT技術の採用を加速するにつれ、データは世界で最も貴重な通貨となっています。 イーサリアムブロックチェーン2.0技術を搭載したRepuXは、 データサイロを崩壊させ、新しい成長の流れを活性化することによりオープンイノベーションと共同市場の素晴らしい可能性を企業顧客にもたらします。

ロードマップ


運用 - 運用サイロ   |   アウト - アウトリーチ サイロ   |   技術 - 技術サイロ

7月 2017

運用: 開業資金 40万ドル

9月 2017

運用: 業界から招聘されたアドバイザー

10月 2017

運用: RepuX 設立

11月 2017

運用: ビジネスパートナーを通じた主要配布のお知らせ

技術: コード監査

アウト: ブロックチェーンエキスポで講演

12月 2017

技術: RepuXプロトコルライブ

アウト: ブロックショーアジアに参加

3月 2018

運用: トークンセール

4月 2018

運用: トークンセール監査

5月 2018

技術: RepuXプロトコルは開発者に公開されています

6月 2018

技術: 分散型エンタープライズアプリケーションを可能にするRepuxプラットフォーム

RepuXチーム

Marcin Welner

Marcin Welner

合計でITに携わって20年。
12年プログラミングとしての経歴を持っています。 100名程度の部署で部長を務めました。 一からプロジェクトを立ち上げることが好きです。 倉庫、物流、サプライ・チェーン、e-コマース、在庫管理、ERP並びにCRMシステム等、多岐にわたるビジネス・スキルを持っています。

Aleksandra Staszewska

Aleksandra Staszewska

銀行業、行政、通信分野のプロジェクトにおけるビジネス・アナリストととして、10年以上の経験を有しています。 国勢調査のデータ分析、処理、レポートでの勤務経験。 ビジネス・インテリジェンスとデータ・ウェアハウスシステムに深い知識を持ち、ビッグ・データに詳しい。

Tomasz Tybon

Tomasz Tybon

SaaS業界での、マーケティング、営業、製品開発に10年の経験を有しています。 e-コマースで6年の経験、国内最大級のブランドを立ち上げ、インドやトルコのマーケットへと進出させました。 CMO兼COOとして務めました。 年間経常収益を30倍に拡大させました。

Daniel Kmak

Daniel Kmak

5年のフロントエンド経験と、米国企業のコンサルティングを1年経験。 React、Vue、AngularについてのPackt出版社のコース作成者 12000件もの評価を持つ、上位3%のスタックオーバーフロー。 HackerNoonの著者であり、HackHandsでのエキスパート、Emberの講師を務めています。

Przemysław Kocznur

Przemysław Kocznur

ソフトウェア エンジニアとしての経験10 年。PHP のコーチ。大学における科学技術の講師。ブロックチェーン、機械学習、古いアナログ ・ シンセサイザーの愛好家。

Krzysztof Durałek

Krzysztof Durałek

メディア・フィンテック業界でユーザーインターフェースのシニアエンジニアとして15年以上の経験を有します。性能、ユーザーエクスペリエンス、コードクオリティを中心としたウェブ関連技術を専門とします。

Dawid Rashid

Dawid Rashid

フルスタックエンジニア(JEE、PHP、JS)として4年以上の経験。 ヨーロッパ最大のデジタル通貨交換プラットフォームや、マーケティングオートメーションソフトウェア等、多数のプロジェクトに貢献。

Taras Bazyshyn

Taras Bazyshyn

e-コマース業界にてアンドロイドのシニアエンジニアとして6年の経験を有しています。 携帯アプリ開発において、機械学習、画像認識、拡張現実、ブルートゥースビーコン、位置確認ソリューション技術を使用した経験を持っています。

Rafał Książek

Rafał Książek

DevOps、建築家、コーチ、プログラマー、リーダーとして13年の経験を有し、高品質なコードのアジャイル・デリバリの全面的な支持者
。SOLID&TDDルールに従うプログラミング専門家として長年の経験を有しています。

Damian Babula

Damian Babula

ソフトウェア開発者。 ビットコイン・ブロックチェーン分野に早くから参入しており、多数の暗号関連プロジェクト(多くはオープン・ソース)に貢献しています。 現在、分散型アプリケーションや、スマートコントラクトやスタンドアローンのブロックチェーンに基づいた開発を専門にしています。

Raghu N. Chakravartula

Raghu N. Chakravartula

財務、ヘルスケア、メディア、クラウド、政府、スタートアップ製品ベース企業などの情報セキュリティにおいて14年以上の経験を誇る。 20以上のinfosec認証、世界中で2600人以上へトレーニングを提供、6つの技術論文を発表。

よく寄せられる質問

RepuXは、様々な種類の不変データを商品化し、様々な企業や個人ユーザー間で交換できるプロトコルレベルのフレームワークです。

IPFS、Sia並びにイーサリアム/EOS等、複数の最先端の分散技術を組み合わせ、カスタマイズされたスループットの高いブロックチェーンにアップグレードできます。

プロトコルを利用するピア間で直接バリュー並びにデータ転送を作成及び可能にすることにより、RepuXは個人・企業ユーザーと、集計データにおけるデータ共有の可能性を作りだしています。これは現在のマーケットプレイスには存在しません。

REPUXトークンを通じた直接的かつ迅速なバリュー転送により、個人を含む、データ作成者のバリュー創造を可能にし、それによって、複数業界にまたがる仲介者や仲買人の必要性がなくなります。

詳細については、弊社のホワイトペーパーをご覧ください。

ビットコインやイーサリアムの価格とは異なり、REPUXトークン価格は固定式です。 最初のトークンセールでの価格は:1REPUXあたり0.20米ドル REPUXトークンセールが2018年4月5日に終了した後は、公開市場がREPUXトークンの価値を決めます。

トークンセールの現在の予定は:

  • 開始日:2018年3月6日/午後2時(UTC)
  • 終了日:2018年4月5日午後2時(UTC)

REPUXトークン公開セールにおいては、イーサリアム(ETH)、ビットコイン(BTC/XBT)、並びに電信送金(USD)がご利用いただけます。開始は2018年3月6日です。 Litecoin(LTC)、 Bitcoin Cash(BCH)、Zcash(ZEC)、Dash(DASH)、若しくはRipple(XRP)等のその他暗号通貨については、Shapeshiftのような暗号通貨交換にて交換することにより、間接的にご利用いただけます。

米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、若しくは日本円(JPY)等の不換通貨を検討している場合、弊社の「トークンセール参加ガイド」をご参照いただくと、イーサリアム(またはその他の暗号通貨)の購入方法についてお分かりいただけます。 ブロックチェーントークン(弊社の場合、REPUX)をどのようにして購入できるのかについて詳細が記載されています。 例としてKraken取引所を挙げておりますが、USDからETH、EURからETH等、簡単に交換ができるBitfinexBittrexのような取引所もご利用いただけます。

トークンセールにご利用いただけるものには、MyEtherWallet、Mist-Ethereum Wallet、Metamask、Parity、imToken、Ledger、Trezor等があります。

あなたの秘密鍵を管理するBitstampやBittrex等の取引所はご利用いただけません

トークンセールは2018年3月6日から2018年4月5日までの31日間において実施されます。 ラウンド(回数)は、3310万米ドルの上限に達するか、最終ラウンドが終了するまで続きます。 トークンセール期間中、REPUXは、100米ドルのコントリビューション(またはBTCやETHで100米ドルと等価分)を最低限として、ETH、BTC、若しくは電信送金にてご購入いただけます。 事前販売期間中の最低限のコントリビューションは、30,000米ドルです。

公式トークンセールサイト以外に、トークンアドレスを掲載することはありません。所有者の確認が行われていないアドレスに、ETH、BTC、若しくはUSDを決して送付しないでください。

ERC20はイーサリアムトークン基準を示し、イーサリアムのスマートコントラクトに使用されます。 スマートコントラクトは、従来の、オフラインコントラクトにおける属性を、オンライン環境で示したものです。 これは、従来のコントラクト同等に拘束力を有し、ブロックチェーン技術を使用して、二者間若しくは複数当事者間における契約上の合意を執行します。

ERC-20トークン基準には、イーサリアムトークンが従わなければならない一連の規則があり、トークンセールやイニシャル・コイン・オファリング(ICO)のような幅広いクラウドファンディングで採用されてきました。 たとえば、プロジェクトが完了したとき、スマートコントラクトは支払をアクティベートし、第三者の資金管理の必要性をなくします。 REPUXトークンもまた、ERC20に準拠しています。

2018年4月5日にREPUXトークンセールが終了すると、REPUXチームは直ちに監査段階を開始します。 監査段階を完了すると、あなたのコントリビューションアドレスにトークンが送付されます。

この日以前に販売において完売した場合、もちろん、技術的・法的に適切な配慮をした上で、トークンのリリースをマニュアルで実施する計画をしています。