トークンクラウドセールの開始:

ビジネスオーナーか、ソフトウェア開発者ですか?ご存知の通り、エコノミストは「データこそ、新しいオイルである」と述べています。 このことを知っていましたか?

企業によって生成された大量のデータは未使用のままです。しかしながら、開発者は機械学習アルゴリズムに学習させるためにそれを必要としているのです。。。

このずれに、たくさんの価値があるのです。Repuxは中小企業が開発者に匿名化したデータを販売できるマーケットプレイスです。その仕組みは:

  1. 企業は匿名化したデータを販売し、Repuxトークンを取得します
  2. 開発者は機械学習アルゴリズムに学習させるため、データを購入します
  3. 開発者は、ビジネスにおいてより良い判断ができるよう、インテリジェント・アプリケーションを企業に販売します。

Repuxトークンは、マーケットプレイスにおいて交換する媒体であり、取引する唯一の方法です。

プラットフォームは、運用を開始しました。 RepuXデータトークンを50%オフで取得できる日数残り
時間

よく見られるのは:

ハフィントン ポスト

RepuXの主要業績

  • プラットフォームは運用開始しています(ここをクリック)
    単なる思い付きで立ち上げられたその他大勢のトークンセールやホワイトペーパーとは異なり、RepuXには実際に運用可能な製品があります。

  • パイロット企業として3社が登録
    (WorkHQ、FungyuCPA、Dascom)3社合わせて、数百万もの中小企業を抱えています。

1分間のビデオによる説明をご覧ください。

どのような仕組みなのでしょうか。


RepuXプロジェクトを支えている専門家達

Jay Best博士

Jay Best博士

Jay Best博士 は、MIT並びにケンブリッジ大学に所属し講義しており、暗号通貨のパイオニアで、明確なビジョンを持っています。 RepuXプロジェクトの戦略アドバイザーで、2017年イギリスの暗号ストラテジストとして上位に選ばれました。

チームの他のメンバーはこちら
Douglas Pike

Douglas Pike

ダグラスは、VeriCoinの共同製作者で、ブロックチェーンコミュニティーにおいて高い評価を得ている研究者です。 また、新たなタンパク質設計ソフトウェア・ライブラリのリード開発者でもあり、インフルエンザの創薬過程の共同発明者の特許を保有しています。 ダグラスは多数の科学論文を、論文審査のある専門誌に投稿しており、RepuXの主要アドバイザーでもあります。

チームの他のメンバーはこちら

シナリオの例

Repuxデータは、アマゾンセラーに対し、クーポンを送るのに最適な時期を提案します。

早い業者(アマゾンで年間30万ドルの販売)は、Repuxデータを用いて、新規顧客に対してフォローアップのクーポンをメールするまでの最適な日数を判断しています。

実験ではまだ統計的有意差は得られていないものの、初期の実験結果は有望です。 クーポンは今や高い使用率を誇り、当該業者は毎週、これによる販売数の増加を得ることが予測されています。

「第三者」のインテリジェントアプリは、Repuxにより匿名化した集計データを使用し、業者の製品カテゴリー及び、その提供のために、機械学習モデルを調整しました。 自社のみであれば、この小規模な業者では十分なデータはおろか、機械学習を利用する専門知識も決して得られなかったことでしょう。 これまでのところは、私達にとっては始まりにすぎません。 オンライン業者が最大限に利用できるあらゆる種類の手法について考えるとき、Repuxはその可能性を大いに広げることができるのです。

どのようにRepuxはスミソニアンの古びたデータを収益化できるのか

スミソニアンのような博物館には、数十年にわたり、集積された大量のデータが存在します。 ソフトウェア開発者が、機械学習アルゴリズムに学習させるために死ぬほど欲しがっている画像の宝庫であり、メタデータを豊富に保管しているのです。

今日、こうしたデータのほとんどが使われていません。 しかし、これをRepuxにアップロードするとどうでしょうか? スミソニアンはこの古びたデータによってかなりの収益が得られるだけでなく、それに価値を見出すコミュニティー全体がついにアクセスすることができるようになるのです。

加えて、データは使用可能なフォーマットにし、Repuxの評価・レピュテーションシステムが信頼性を保証する一方、開発者の時間や費用を節約することができます。 そしてあらゆる種類の面白いアプリが開発され、スミソニアンの文化的影響は何倍にも膨れ上がるのです。 これこそまさに、ウィンーウィンならぬ、スミソニアン、ソフトウェア開発者、そして社会と、皆にメリットが得られるウィン―ウィン―ウィンのシナリオなのです。

Artiqのような会社の「失われた収益」の80%を回復

Artiqという会社について聞いたことがありますか?この会社は深層学習(機械学習のなかでも極度にデータ量の多いもの)を使い、クライアントのために自然言語処理を行います。

どこに問題があるのでしょうか?この会社は収益の80%をデータ取得並びに準備に費やしています。

データの獲得だけのために80%... これには分析、洞察、アプリケーションは含まれていません。

もしも、この会社がデータを見つけるために、検索用語をいくつか入れるだけでいいのであればどうなるでしょうか?

もしも、RepuXプロトコルのおかげで、データが全て系統的にまとめられ、匿名化されていたらどうでしょうか?

もしも、評価・レピュテーションシステムのおかげで、データやデータ提供者を監査する必要がなければどうでしょうか?

これがたとえば割増料金であったとしても、運用コストをかなり削減できるでしょう。この会社はより収益をあげることができますし、商品・サービス価格を下げることによって、より多くのクライアントを惹きつけることができるでしょう。

Artiqは現在RepuXを使用していませんが、RepuXを使用することにより莫大に利益を得られる組織の例です。


なぜRepuxは成功しそうなのでしょうか?

ヴィクトル ・ ユーゴー
「軍隊の侵入には抵抗できるが、時宜がきた思想には抵抗できない」-ヴィクトル・ユーゴ―(著名なフランス人作家)

ハーバード・ビジネス・レビューによると、人工知能やデータ革命が起こっている一方で、ほとんどの中小企業は、機械学習の力を利用する十分なデータまたは専門知識を持っていません。 Repuxのようなマーケットプレイスにより、数百万の中小企業がアマゾン、グーグル、マイクロソフトのような大企業と闘うチャンスを得られるのです。

ハーバード ビジネス レビューのロゴ

爆発的なデータ量が企業によって生成されていますが、全てのデータが役立つわけではありません。 特に、特定の権限がバックアップしていないデータは、使用不能であると見なされていました。 Repux は、この問題を解決するために評価、レピュテーションシステムを作成しました。

中国の主要パートナーシップー エコノミスト誌は中国の人口は米国の4倍であるため、人工知能の分野で米国を追い抜くことを予測しています。 グーグルやアップルのCEO達が出席した2017年の世界インターネット会議によると、「他の国で1日若しくは1週間に起こっていることが、中国では60秒ごとに起こっている」のです。 アリババのeコマースにおける存在であるように、Repuxはデータのような存在になれるかもしれません。

エコノミストのロゴ

ロードマップ


運用 - 運用サイロ   |   アウト - アウトリーチ サイロ   |   技術 - 技術サイロ

7月 2017

運用: 開業資金 40万ドル

9月 2017

運用: 業界から招聘されたアドバイザー

10月 2017

運用: RepuX 設立

11月 2017

運用: ビジネスパートナーを通じた主要配布のお知らせ

技術: コード監査

アウト: ブロックチェーンエキスポで講演

12月 2017

技術: RepuXプロトコルライブ

アウト: ブロックショーアジアに参加

2月 2018

運用: トークンセール

3月 2018

運用: トークンセール監査

4月 2018

技術: RepuXプロトコルは開発者に公開されています

6月 2018

技術: 分散型エンタープライズアプリケーションを可能にするRepuxプラットフォーム

トークンの構造

事前販売

2017 年 11 月 17 日 / 午後2時UTC
2018 年 1 月 23 日 / 午後2時UTC

トークンセール

2018年2月6日 / 午後5時UTC
2018 年 3 月 9 日 / 午後5時UTC

このトークン構造は、100,000,000枚のREPUXトークンの事前販売に基づいています。事前販売枚数は、需要により変更することがあり、トークン構造は事前販売後に決定します。変更については、ここをご覧ください。

トークンの配布

20%
事前販売
30%
トークンセール中に販売された枚数
10%
報酬プール
23%
プラットフォームで販売
12%
設立チーム
(3年間の受給期間)
3%
大使
2%
トークンセールバウンティ

収益の運用

40%
開発
25%
マーケティング
20%
パートナーシップ
15%
運用
トークンの役割

企業と開発者間でデータや分散型アプリケーションの交換が可能

供給

500,000,000REPUX

価格

1REPUX0.20米ドル

最大の目標

ハード キャップ:33,100,000米ドル
ソフト キャップ1,000,000米ドル

受入れ通貨

ETH、BTC、電信送金

トークンの配布日

2018 年 3 月 9 日

放出率

新しいトークンは作成されません。

割引率

事前販売
価格 $0.10

50%

100,000, 000 REPUX

2 月 6
価格 $0.14

30%

75,000,000 REPUX

2 月 12
価格 $0.15

25%

15,000, 000 REPUX

2 月 18
価格 $0.16

20%

15,000, 000 REPUX

2 月 24
価格 $0.17

15%

15,000, 000 REPUX

3 月 2
価格 $0.18

10%

30,000, 000 REPUX

前回の配布期間に売れ残ったトークンは、次の回に回されます。トークンの販売は、以前の回のトークンが売り切れると、自動的に次の回に移ります。

問題点

企業はそのシステム内にテラバイト単位のデータを保存していますが、事業のより良い意思決定や事業効率の改善のために、これを十分に活用できていません。 一方、開発者にとっては、機械学習や人工知能(Ai)ソリューションを開発するためのデータが不足しており、何よりも、開発したとしても、それを売り戻す顧客企業が不足しているのです。 この両者の溝には多くの価値が埋もれています。

ソリューション

RepuXは様々な種類の企業やユーザーのデータを収益化でき、異なる当事者間で交換できるプロトコルレベルのフレームワークです。 IPFSやSia、Ethereum/EOS等の複数の最先端分散化技術を組み合わせて、更に、カスタマイズしたスループットの高いブロックチェーンにアップグレードすることで、RepuXは高度に分散化されたデータ・情報のマーケットプレイスを作成することができます。

テクノロジー

APIは、サード・パーティーがそれぞれの特定のニッチに合わせてマーケットプレイスを開発することを可能にします。 プロトコルにてピア間で直接バリューやデータ転送することにより、RepuXは、ユーザーや企業が集計した過剰なデータのための、様々なB2B(企業間取引)データシェアリングの可能性を生み出します。こういった仕組みは現在のマーケットには存在しません。 RepuXトークンを介するこの直接的かつ迅速なバリュー転送には、複数の業種間での仲介者や仲買人を必要としません。 機械学習やビッグ・データ、AIは、益々大規模な集計データを必要とするようになってきています。RepuXはこうした点を利用し、それぞれの分野でのイノベーションを後押しする態勢ができています。

仕組み

各エンティティと各トランザクションに属性を選択的に割り当て、オラクルシステムによって検証することによって、プロトコル内の整合性を確保できます。更に、参加者が購入するデータの存在だけでなくその質への信頼性を高めることができます。 私達は、このRepuXによって、ユーザーデータへの価値を取り戻したいと考えています。

開発者

開発者は分散型アプリケーションを開発するために、リアルタイムで安全に企業データを購入し、アクセスすることができます。 これは、同様の企業やデータ型において、restful apiでも利用可能でしょう。 データをプレビュー、購読することもでき、特定の企業や業界全体を選ぶことさえできます。 その後、アプリケーションやアルゴリズムはRepuXに表示され、RepuXトークンを保有する企業に売り戻すことができます。 コミュニティを保護するために、データアクセスには、データと関連する様々な許可があり、開発者/企業はトランザクションを重ねるごとにレピュテーションを築いていくことができます。

よく寄せられる質問

RepuXは、様々な種類の不変データを商品化し、様々な企業や個人ユーザー間で交換できるプロトコルレベルのフレームワークです。

IPFS、Sia並びにイーサリアム/EOS等、複数の最先端の分散技術を組み合わせ、カスタマイズされたスループットの高いブロックチェーンにアップグレードできます。

プロトコルを利用するピア間で直接バリュー並びにデータ転送を作成及び可能にすることにより、RepuXは個人・企業ユーザーと、集計データにおけるデータ共有の可能性を作りだしています。これは現在のマーケットプレイスには存在しません。

REPUXトークンを通じた直接的かつ迅速なバリュー転送により、個人を含む、データ作成者のバリュー創造を可能にし、それによって、複数業界にまたがる仲介者や仲買人の必要性がなくなります。

詳細については、弊社のホワイトペーパーをご覧ください。

ビットコインやイーサリアムの価格とは異なり、REPUXトークン価格は固定式です。 最初のトークンセールでの価格は:1REPUXあたり0.20米ドル REPUXトークンセールが2018年3月9日に終了した後は、公開市場がREPUXトークンの価値を決めます。

トークンセールの現在の予定は:

  • 開始日:2018年2月6日/午後5時(UTC)
  • 終了日:2018年3月9日午後5時(UTC)

REPUXトークン公開セールにおいては、イーサリアム(ETH)、ビットコイン(BTC/XBT)、並びに電信送金(USD)がご利用いただけます。開始は2018年2月6日です。 Litecoin(LTC)、 Bitcoin Cash(BCH)、Zcash(ZEC)、Dash(DASH)、若しくはRipple(XRP)等のその他暗号通貨については、Shapeshiftのような暗号通貨交換にて交換することにより、間接的にご利用いただけます。

米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、若しくは日本円(JPY)等の不換通貨を検討している場合、弊社の「トークンセール参加ガイド」をご参照いただくと、イーサリアム(またはその他の暗号通貨)の購入方法についてお分かりいただけます。 ブロックチェーントークン(弊社の場合、REPUX)をどのようにして購入できるのかについて詳細が記載されています。 例としてKraken取引所を挙げておりますが、USDからETH、EURからETH等、簡単に交換ができるBitfinexBittrexのような取引所もご利用いただけます。

トークンセールにご利用いただけるものには、MyEtherWallet、Mist-Ethereum Wallet、Metamask、Parity、imToken、Ledger、Trezor等があります。

あなたの秘密鍵を管理するBitstampやBittrex等の取引所はご利用いただけません

トークンセールは2018年2月6日から2018年3月9日までの31日間において実施されます。 ラウンド(回数)は、3310万米ドルの上限に達するか、最終ラウンドが終了するまで続きます。 トークンセール期間中、REPUXは、100米ドルのコントリビューション(またはBTCやETHで100米ドルと等価分)を最低限として、ETH、BTC、若しくは電信送金にてご購入いただけます。 事前販売期間中の最低限のコントリビューションは、30,000米ドルです。

公式トークンセールサイト以外に、トークンアドレスを掲載することはありません。所有者の確認が行われていないアドレスに、ETH、BTC、若しくはUSDを決して送付しないでください。

ERC20はイーサリアムトークン基準を示し、イーサリアムのスマートコントラクトに使用されます。 スマートコントラクトは、従来の、オフラインコントラクトにおける属性を、オンライン環境で示したものです。 これは、従来のコントラクト同等に拘束力を有し、ブロックチェーン技術を使用して、二者間若しくは複数当事者間における契約上の合意を執行します。

ERC-20トークン基準には、イーサリアムトークンが従わなければならない一連の規則があり、トークンセールやイニシャル・コイン・オファリング(ICO)のような幅広いクラウドファンディングで採用されてきました。 たとえば、プロジェクトが完了したとき、スマートコントラクトは支払をアクティベートし、第三者の資金管理の必要性をなくします。 REPUXトークンもまた、ERC20に準拠しています。

2018年3月9日にREPUXトークンセールが終了すると、REPUXチームは直ちに監査段階を開始します。 監査段階を完了すると、あなたのコントリビューションアドレスにトークンが送付されます。

この日以前に販売において完売した場合、もちろん、技術的・法的に適切な配慮をした上で、トークンのリリースをマニュアルで実施する計画をしています。